atoaゆるゆるぶろぐ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

atoa 高千穂への旅 (前編) :: 2010/09/30(Thu)

9月の連休に、atoaお久しぶりに二人して旅に出かけてきました。
amiちゃんのルーツである宮崎へ、ご先祖参りという名目で
かねてから行きたかった神様たちのいる高千穂の地にいってきました。

がんばって早起きして、高速バスでいざ出発!
とはいえ連休だったので、とろとろ渋滞に巻き込まれたりしながら...
でもそこは女二人のかしまし旅、
何の苦もなくしゃべり通していたら無事にすとんと
天孫降臨の地へと降り立ったのでした。

*豆旅知識*
福岡から高千穂に「車以外」で行かれる場合はJRよりも高速バスが便利です。
バスは目的地に直接ついてくれて、JRでいくより早く、そして格段にお安いのであります。


まずはローカルバスに揺られて天岩戸神社へ。
人多いです。昨今のスピリチュアルスポット人気のおかげでしょう、
ずらずらと人がいらっしゃいます。
めげずにずんずん。

ちょっと歩いた先には天安河原(あまのやすがわら)神社があります。
ここは、天照大神(アマテラスオオカミ)が
弟の須佐之男命(スサノオノミコト)の利かん坊、暴れん坊ぶりに
『スサノオなんてモウヤダ!バカヤロー』
と、岩戸にお隠れなってしまい、
結果世界が暗黒まっくらくらに。

困り果てた八百万(やおよろず)の神々が
『このままじゃまずいっす。なんとか出て来てもらうです。』
と、この河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟がある神社です。
傍に川のながれる、風の気持ちいい場所です。
水もきれい♫
確かに神聖な場所なご様子で、たいそう立派な洞窟でした。
あたりには、やってきた人たちが願いをこめて積んだ石が累々と広がっていて、
えも言われぬ雰囲気を漂わしていました。


天岩戸神社では、社務所にお願いすると、
天照大神(アマテラスオオカミ)のお隠れになった場所などを
見たり、説明をきいたりできるコースがあります。
わたしたちもお願いして拝見してきました。
お隠れになった洞窟(というか渓谷)ははるか彼方に見えるのみなので、
実際どのような洞窟なのかは
想像するしかないのですが、

「もともとは人間だった人々がその後神様となって崇められるようになっていったのですよ。」

という一連のお話、この日本の国の天皇のルーツのお話も聞いて、
あわせて思ったことは、
「こうやって語り継がれて神様になっていったり、特別な存在になっていったりするのねえ」
と今までぽっかり別世界だと思っていた人々や神話の世界の存在が案外
身近な感覚なんだということでした。

高千穂に行くなら外さずにいくとよい場所です☆☆☆

ここで食べたごぼうみそのおにぎり、おいしかったなあ♫


また高千穂方面に帰った私たちはいったん宿屋さんに行くことにしました。
この宿屋さんとの出会いがまた高千穂のスペシャル☆出来事になったのです。


つづきはまた次回に。


aya
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. たび
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。