atoaゆるゆるぶろぐ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ちびぽち袋と紙のこと :: 2012/05/07(Mon)

atoaが作っているものの一つに『ちびぽち袋』があります。
サイズがややこぶりで沢山のお札を入れるのには向きません。
一札入魂!というわけです

このちびぽち、絵柄は麻美ちゃんが描き、私がレイアウト。
紙やさんで買ってきた紙に印刷して作っているのですが、
この紙選びがおもしろい。

色や質感や手触り厚み。
そして「名前」。
紙にもちゃんと名前があって、それはそれはステキなんです。

IMG_5429.jpg
この初夏をテーマにしたぽちの紙は
「江戸小染」の”かすみ”。
たなびく霞が小粋です。
色は「絹」というから上等上等。


IMG_5433.jpg
こちらは同じ「江戸小染」でも”はな”という種類。
小花たちがきゃっきゃと散りばめてあります。
色はそれぞれ、うすべに、草、そして絹。


IMG_5436.jpg
子どもたちが喜びそうなこのぽちは「TANT」
くせがない、でもちょいいい感じ、な風合いが使いやすい。
こちらは色に名前がなくすべて番号扱い。
ちょっとツマラナイ

この動物たちのイメージを浮かべつつ紙を選び、刷り出す。
絵柄が色を味方につけ、思った以上の出来にぱりっと浮かび上がった時叫ぶ快哉は格別です。
やっほーやまびこ級です。
(※注 すべて脳内で行っています。ご近所メイワクはいけません


IMG_5401.jpg
こちらの○○模様は「玉しき」の”あられ”。
色は控え忘れちゃいました。
水色のぞうさんぽちのーー模様は「さしこ」。

日本の紙っていいですね。
名前が本当にいちいちかわいい。そして愛情を感じます。


IMG_5413.jpg
こちらも「玉しき」シリーズですが、もう作られなくなった種類。
ぱっと夜空にあがる花火のようです。
紙の場所によって模様の出方が変わるので、出来上がるまでのお楽しみ感が格別楽しい紙です。


IMG_5403.jpg
このatoa定番ぽちの紙も「玉しき」の”あられ”。
白の「玉しき」はあまり目立たないのだけれど、ほんのりかわいいのです。


atoaのちびぽち袋たちの紙はすべて70kgの薄さ(厚さ?)の紙を使っています。
紙の厚みによっても印象がぐっと変わってくるのです。
紙は深くて面白い。

夜、静かにもくもくぽち袋用の紙を切って折って重ねて、としていると
時々ジワジワ・・・とぽちたちが開く音が聞こえます。
それはさながら紙のお花が咲くようで、私はしばし手をとめて、
様々な花たちの静かな開花に目をつむり、耳を澄ますのが大好きなのです。


aya

スポンサーサイト

テーマ:作家活動 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 制作・作品
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<ある日、皐月 | top | 5/6 F市終了>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atoa45.blog52.fc2.com/tb.php/150-732141bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ちびぽち袋と紙のこと】

atoaが作っているものの一つに『ちびぽち袋』があります。サイズがややこぶりで沢山のお札を入れるのには向きません。一札入魂!というわけですこのちびぽち、絵柄は麻美ちゃんが描き、私がレイアウト。紙やさんで買ってきた紙に印刷して作っているのですが、この紙選びが...
  1. 2012/05/09(Wed) 03:13:56 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。