atoaゆるゆるぶろぐ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

家を建てるっていうこと :: 2012/10/31(Wed)

すっかり秋も深まって参りました
IMG_7620.jpg



Kobitoたちの手仕事作品たちは10月の間、
とある場所で展示販売をさせていただいていました。
(11月に入ってブログ更新しちゃって・・
KFat花栗先生



じゃん☆
建築・造園相談会 @環境デザインMiyuri企画さんin 福津市     ホームページはこちら☞(Click!)

この相談会は、建築家の渡辺武彦先生&造園家の花栗美百合先生が
「建物と造園を一体としてとらえ、あらゆる角度からアドバイスいたします」という主旨のもの。しかも無料
とっても興味があったので、私もお話を伺いに行ってきました。
IMG_7590.jpg
この模型をみるだけで渡辺先生がどんなにステキなお家を建てられる方かすぐに分かります。



IMG_7597.jpg
そしてこの写真には花栗先生の造園センスの輝きが。
(ついでにわたしの影の写り込みも



IMG_7595.jpg
渡辺先生の作られるお家はどれも自然な「光」と「風」そして「お家と外との一体感」に溢れています。
家に閉ざされるのではなく、”家から外に向かっていく”感じとでも言うのでしょうか。
先生の高い美意識があちこちにちりばめられていて、それはまるで「感性」という地図を手に出かける宝探しのようです。
(このパネルのお家は、太陽を反射した池の水紋が屋根の内側に映るように設計されているそう



IMG_7596.jpg
渡辺先生の家たちは、家主となる人々への思いやりに溢れています。 見えるところも、見えない所も。
TVコマーシャルでよく見かけるメーカーさんたちでは成し得ない、
「その人のライフスタイルに完全に寄り添う家」を、家主と一緒になって
作り上げてくださる、そんなお方だとお見受けしました。
(このパネルの廊下、見てるだけでもワクワクします


私事ですが、私が高校の時に実家が新しく建て替わりました。
めまぐるしく営業の方がやってきて、ぎゅうぎゅう契約を取り付け、
こちらの要望に一応は耳を貸してくださるものの あれよあれよと間取りが決まり、
建物が建ち上がり、できたものは「要望は全部取り入れてありますよ」という文句を言わせない家。
「こんなものなのかなぁ」と思いました。

そして立ち上がったら、途端にさーーーっと誰も来なくなりました。
建ったけど、真新しい家なのだけど、なんだか建てる前に思い描いていたキラキラしたきらめきが
ぱらぱらと消えてなくなっていくような、そんな気がしたことを覚えています。

「今の家は、人が家に合わせて住まわされている。
家というものは、本来住む人、そのライフスタイルに合わせて作られるべきもの」

私も本当にそう思います。
決意して「家を建てる」と決め、とてもとても大きなお金を使って(恐らく)一生を過ごすであろう、
そんな大切な場所を、がっかりしながら、無理しながらすごす場所にしてしまうのは本当にもったいない。

私たちが「しろうと」であるがために、いいように押し切られ、
一生の買い物を簡単に棒に振るようなことはしたくない。
一生の買い物だからこそ、後悔しないもの、建築士さん、造園家さん、家、を選びたい。
それは新しく育まれる生活や、生命、人生そのものに大きく影響してくることだから。
本当によいものにお金を払えば、それは時を経て2倍、3倍になっていろんな形で帰ってくる、と思います。



花栗先生のアトリエには渡辺先生建築&花栗先生造園の庭のあるカフェ「茶房ファー」が併設されています。
ここのごはん&スウィーツの美味しいこと
IMG_7079.jpg
IMG_7097.jpg
都心から相当離れたこんな場所にありながら(大変失敬)お客さまが絶えません。
それはカフェに入った時に感じる何とも言えない開放感と自然な明るさ、季節ごとの木々や花の移ろいが、私たちの心とマインドを自然に開いてくれるからなのかもしれません。



これからお家を建てよう、と考えていらっしゃる方々には、ぜひ一度渡辺先生や花栗先生にお話を伺っていただけたらな、と思います。 
一度お話を聞いて、最終的にどうするかを自分で決断すれば、後悔しないで済むから。

相談会の期間は終わってしまいましたが、希望があればお話が聞けるそうです(無料とのこと)


メーカーさんで家は建てるけど、アドバイザーとして渡辺先生の意見を取り入れる、ということも出来るそうです。(このことをメーカーさんが聞くと、態度がころりと変わるんですって


本当の住み良さ、人の暮らしと住まい、家と外界との関わり、それから美、
そんなことを真剣に考えてある方々のお話だからこそ、是非聞いて欲しい☆☆☆☆☆

私は、是非渡辺先生にお家を、花栗先生にお庭を、作っていただきたいなと思いました。
よし、そうしよう! 
いつの日かきっと、そうしよう!



こちらのページから花栗先生アトリエへのアクセス&連絡先がご覧になれます☞(click!)
渡辺先生のホームページへのリンクもあります


茶房ファーにはこどものイタチが遊びにきたりもするんですよ。
カフェ中の人が全員、立ち上がって見ていました


aya

スポンサーサイト

テーマ:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 制作・作品
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<おでかけatoaと霜月・師走 | top | 10/21(日)F市参加します>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atoa45.blog52.fc2.com/tb.php/170-824a4d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【家を建てるっていうこ】

すっかり秋も深まって参りましたKobitoたちの手仕事作品たちは10月の間、とある場所で展示販売をさせてい
  1. 2012/11/01(Thu) 22:36:48 |
  2. まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。