atoaゆるゆるぶろぐ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

atoaのかたっぽ、東京編 その2 :: 2010/04/23(Fri)


4/22(もく) ひどい寒さ、ならびに雨

ちょっと寝不足でよぼよぼでしたが神保町へ。
新潟そばやさんのあったかいとろろそばを食べて
(なんといっても寒いし雨ですから)
一呼吸。
つるつるおいしくて、味もあったかかったなぁ

なんだろう。
食事って、
ときどき食べたそばから(あ、しゃれですね)
元気をもらうことがあるねぇ
あのおそばはそんな「ゲンキメシ」でした。
そばを食べる時、いわゆる「そばを食べる音」を
いいリズムで食べれる人に出会うと、
「いなせだねぇ」と思います。

場所は神保町のA5出口を出て
左手側にちょっと歩くと
左手に「ベーグルベーグル」があるので
そこを左折しそのまままっすぐあるくとすぐに右手にある、
「お、ちょっとおいしいかな?このそばや」
という佇まいのお店です。
(駅からここまで約2分)
赤ちょうちん、でっかいのがさがってます。

お店の名前は・・・わからない(控えてないから)
おそばの写真は・・・ありません(たべちゃったから)

グルメナビゲーターにはなれそうにない atoaのかたっぽでございます。


神保町の用事を済ませた後は気持ちを変えて
上野の西洋美術館へ
Monet(モネ)の絵があると書いてあったのでモネ好きとしてはほっておけません。
フクザツカイキな東京の電車網も「ナビタイム」に助けてもらううちに
ちょっと乗り継ぎにも慣れてきました
いいぞいいぞ。

西洋美術館は結構ロダンの彫刻も多くて、
これもなかなか見応えがありました。
彫刻から受ける印象としては、
「男男(おとこおとこ)しい、ロダン氏」
そりゃぁカミーユさんも苦しむでしょう
才能に惚れるって、キケンです。

他にもクールベの「波」に出会えたり。
小学校の教科書にこの「波」がのっていたのですが、
絶え間なく打ち寄せる波を絵に「留めた」という衝撃が、
小学生だった私に静かに強く刻まれたことを覚えています。

でもやっぱりいちばん嬉しかったのはモネの絵に囲まれたこと。
モネの絵を近くで見たり遠くにさがったり、でもやっぱり近くに行って
近づきすぎて「ちょっとなんだかわからない」と思うことがすきです。
結局そこで一番長い時間を過ごしたように思います。

西洋美術館、絵を見る行程中ずっと、
ひとりのちいちゃいおじいちゃんと
ぬきつ、ぬかれつ最後まで見て回りました。
これもまた愉快。

新緑の緑がやさしいこの季節は、どこもが
「自然美術館」
なのであります。


さて、今日はどんな「東京日和」が待っているかな。
楽しみだな


aya

special thanx to asamiちゃん、しあに。
スポンサーサイト
  1. 日々のお話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<土曜の夕方 | top | atoaのかたっぽ、東京へいく>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atoa45.blog52.fc2.com/tb.php/29-b650e088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。