atoaゆるゆるぶろぐ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

atoaのかたっぽ、東京編 その4 :: 2010/04/29(Thu)



表参道のお散歩と新潟どぶろく、みんなの夜と雲の中に漂う

4/25 あったかくて良い天気

お友だちと表参道へ。
東京はどこにいっても人が多いのだけれど、
よくよく感触を比べると、それぞれエリアごとに
違うテクスチャをもってらっしゃる。
新宿と青山では人の数も様子も違うし
上野と下北沢もまた雰囲気が異なる。
これだけ多様な街模様が、
ひとつ「東京」という名のシステムの元に組み込まれている。

お弁当でいえば「バラエティー弁当」あたりかな?
もしくは九枡弁当、
うん、こっちのほうが近いかもね。
atoaのかたっぽ、順調に食べ進んでおります。yum yum

青山あたりの雰囲気はすこしゆったりしていて、好きです。
こっちを曲がったらどんなお店があるかな?
こっちはおもしろそうなけはいがあるよ。
とか、そういうかんじです。
おしゃれでお高いお洋服のお店も、
見て回るのは楽しいものです。
あとSpiral Marketはとても楽しい
いろんな小物から器やCDもありました。

でも結局一番はしゃいだのは、
新潟のアンテナショップ。
(表参道ヒルズのすぐ近くにあります)
こしひかりまんじゅうやチョコレートコーティングのされた
柿ピーは楽しくなってしまいます。
店頭で試飲した新潟のどぶろくはどれもおいしくて
お友だちといっしょにすっかりいい気分。
お米がおいしい場所ならではの、おいしいお酒なのであります。
ついついふたりともお揃いでおちょこのついたどぶろくを
お土産に買いました。
呑み助ではありませんよ。
美味しいものが好きなだけです。


その日の夜は
今まで一緒に働いてきた人々と飲み会
離れた拠点で働いていたから、
ほぼ電話でしか知らなかった人々もいるのですが、
こうやって一緒にご飯を食べれるって
ありがたい。
みんなそれぞれ、今後いろいろな方向に
移ろっていくのでしょうが、
その夜は人々の人生のスクランブル交差点の信号が
一斉に青になり、みんながめいめいワーーって歩いてきて、
しばし時の一点が重なりあわさった、よい時間になりました。


4/26 ひきつづきよい天気 あったかい日

今日は新宿御苑ですよ。
というわけで、のんびり歩いていきましたが、しまっておりました。
おんなじように御苑目指してやってきた人々が、
あきらめきれずに閉じられた門の前に
シートをひいて、ゆったりおしゃべりしていました。
私たちも同じように、きもちいい風の吹く中、
しばしおしゃべり。
どうも御苑は月曜日がお休みのようですね。
みなさん、ご注意をば。

それから新宿のパークハイアットホテルの何十階だかで
優雅にアフタヌーン・ティーです。
とても高い場所なので、なんだか雲の中に浮いているような
気がします。
アフタヌーン・ティーならではの、
ちょっぴりをたくさん、というぜいたく感と
やたらきれいなすべて、
そして東京の遠くまでを見通す高さ。

またもやポケットにいる質問さんが
わたしをチョイチョイ、とつつきます。
「どうだい? 東京、どうだい?」
わたしはまだ無言で質問さんを押し戻し、
ボタンをかけてしまいました。

お隣でワインを飲んでいたおじさんが
ウェイトレスのお嬢さんに
同伴していた女性のことを自慢していました。

「この人と飲むとね、お酒がおいしいんだよ
お酒はね、美味しい人と飲むに限るね」

ほほぅ。
と思いました。
その女性はそう若いわけでもなく、失礼ながら
とびぬけて美人さんというわけでもない、
けれど雰囲気のある女性でした。
いろいろラフな人生経験もあったそうなご様相。

「この人と飲むとお酒が美味しい」
などと言われる粋な酒の肴になりたいものです。

東京で生きていくなら
疲れてしまってはだめなんだろうな、
そんなことを思いました。


aya
スポンサーサイト
  1. 日々のお話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<atoaのかたっぽ、東京編 その5 | top | atoaのかたっぽ、東京編 その3>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://atoa45.blog52.fc2.com/tb.php/32-48b6d753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。